本来は月々500円のサービスですから

with コメントはまだありません

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。
本来は月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダと、幾つかあります。
それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、その辺り、ご注意下さい。一例ですが、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。(情報元:BIGLOBE WiMAX 2+のキャンペーンは至れり尽くせり!?
こういった様に、各キャンペーンでお得感は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。WiMAXの専用端末は数種類あります。ラインナップされる新製品は次々と登場し、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。具体的に言えば、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。

その他にも、年々向上している通信速度もその一つでしょう。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。

WiMAXサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。
って事で、auに連携したサービスが複数存在します。そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineなのです。
WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの料金が割引きされるサービスです。WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、驚いた事に、契約先によって金額が異なります。
具体例を出すと、Broad WiMAXは初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。こんな感じで、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で契約先を決めましょう。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。

 

他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。
最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。

800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、利便性の高さが大きい印象を受けます。とは言えどもモバイルですから、安定性がどれほどなのか気になるところです。

だけど、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信状況は良くなっています。

って事で、モバイルだからと言っても、使えないと言う事は無いです。WiMAX通信専用の端末は、次々と新しいものが発売されています。それぞれによって性能が異なり、快適さも異なります。

そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAXの素晴らしい所は、無線を使ったインターネットサービスであると言う点にあるでしょう。無線を使う形なので、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。加えて、WiMAX機器は小型ですから、携帯性に長けています。
そんな部分を考えると、タブレットとの相性が良いです。

 

と言う事なので、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。

UQ WiMAXサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他のモバイルインターネットなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。可能な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。
一方、WiMAXならば普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

昨今、WiMAXサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。

 

例を挙げると、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。

 

どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXには料金プランが幾つかあります。

 

プロバイダによって多少の違いはありますが、2種類の料金プランが存在します。

 

それは一体何かと言うと、通常プランとギガ放題プランの2種類です。ギガ放題プランは月額料金が高額な料金プランですが、7G制限の無いお得な料金プランです。一方、通常プランは安いですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。

どれだけ通信を行なうか自分の環境を検討しつつ、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。

前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。

例えば、通信が安定しないだとか、そんな話も目にします。

ただし、WiMAXの通信環境は日々改善されています。

そんな訳で、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。
WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

 

発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつの通信にも対応しています。
WiMAXサービスを利用して思う利点は、幾つか思い浮かびます。

 

まず、モバイルインターネットですから、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。

続いて考えられるのが、無線のネット回線なので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

そして、インターネット開通工事が不必要と言う事で、月額料金が安くなると言うメリットもあります。
他にも、通信量による速度制限が厳しくないところも、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。

 

WiMAX機器は通常の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。
かなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。

 

なので、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。電気屋さんで、光回線を店員からお勧めされました。

WiMAXを既に使用している私ですし、勿論、光回線を検討する事はありません。販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、驚くべき事を言われました。WiMAXって、天候によって受信具合が左右されるでしょう?とは言うものの、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。

嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。
WiMAXサービスの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。

WiMAXサービスに対するデータベースを一番持っていますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。
ですが、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。代理店ならキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。具体的に言えば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。
ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。
だから、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXで比べると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。だけど、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。しかも、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。

 

nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

 

対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスとなっています。
UQ WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか必要ないから、部屋の中がすっきりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月々の使用料金に上乗せされます。

そして、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の生活は大きく変わりました。
最も大きかったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。
そう言う事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

 

その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。

 

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく導入されました。そして、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。
例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やレジャー施設、合わせて、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。映画やミュージカル、美術館や展覧会など、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。

 

顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、速度制限を気にする必要があります。
他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。
とは言え、速度制限が無い訳ではありませんので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。
ですが、速度制限に掛かってしまった場合であっても、動画位であれば、普通に見る事が出来ます。WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類あります。まずは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限って呼ばれているものがあります。二つめが、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
ただ、混雑回避の為の速度制限に対しては適用されます。
ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このサービス、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。だから、たっぷりとネット通信を行なう方の場合、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。

 

帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、導入するのも良いでしょう。
周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではないです。

 

ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。