Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して

with コメントはまだありません

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。WiMAXサービスを利用していて思う利点は、いくつかあります。

一つ目が、モバイルの通信規格と言う点で、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。

続いて思い浮かぶのが、無線のネット回線なので、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。

 

他にも、モバイルの通信規格と言う点で、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。(UQ WiMAXのキャッシュバックが最もお勧めな理由とは?参照)

そして、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いています。

 

中でも嬉しいのが、公衆無線LANサービスでしょう。
UQ WiMAXだったらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どんなプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、複数あります。
選択するプロバイダでキャンペーン内容は異なるので、その点、ご注意下さい。
一例ですが、安心感とキャッシュバック額の両方を両立したいのであれば、シナジーパートナーズがお勧めの契約先と言う事になるでしょう。
こんな感じなので、それぞれの契約先で契約の内容が異なりますから、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。

 

WiMAXと言うネットサービスがありますけど、このインターネット通信サービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。

と言う訳で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。速度制限を気にしてられないと言う方は、導入するのも良いでしょう。
顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。

 

他のモバイルインターネットサービスと比較すると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。
けれども、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。

 

ですが、速度制限対象となってしまった際にも、通常の使用下においては、不自由なくインターネットを行なうことができます。
WiMAXを使用する際に、注意する速度制限が二種類あります。
ひとつめは、月間データ量による速度制限って言う、7G制限って言われているものです。
二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。
しかしながら、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
評判のWiMAXではあるのですが、色々と言われています。例えば、天気で通信状態が左右されるだとか、そんな悪い意見もあります。
とは言っても、WiMAXの受信状況は日々向上しています。
そんな状態ですので、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。
WiMAXの機器は、徐々に性能が上がって来ています。特に、通信速度が速まって、今は、最大の通信速度が下りで220Mbps出ます。
ただ、最近は通信の速さより、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。
その訳は、混雑を回避する為として3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。

そういう理由から、製造会社及び使用者としては、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。
WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を取られてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。
うっかり見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。

 

カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

その上、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。

 

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。

 

周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、言われているほど厳しいものではありません。

 

ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。
この所、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。
例として出すと、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。どこの保証制度にしても、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。
WiMAXサービスの月額利用料金ですけど、実際のところ、契約先によって金額が違います。具体的な話、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。この他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。

この様に、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを提供しています。

なんで、3WiMAXではラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く違います。例えば、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。
家電量販店にて、光回線を勧められました。

 

私はWiMAXユーザーですから、当然、光回線を検討する事はありません。そんなわけで、店員に対して断りを入れると、想像してなかった返事が返って来ました。
WiMAXって言うと、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?しかし、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。

WiMAXサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他モバイルインターネットサービスだと、速度制限が怖くて映画など視聴出来ません。

平気な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。ですけど、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。
そして、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

 

当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しつつのインターネットにも対応しています。
UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX機器しか使わないので、屋内がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは毎月レンタル料が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。
方法としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。
WiMAXの利点としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線ですし、任意の場所からインターネットアクセスする事が出来るようになります。

更には、WiMAX機器はポケットサイズですし、携帯性が高いです。そう言う部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが最高です。

そう言う所から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。
WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段3種類の料金プランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。他に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。
まれに、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。

WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いゾーンで繋がります。
更に、800MHzのプラチナバンドの電波を使用してますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。デメリットとしては、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約が一般的です。
その理由ですが、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。また、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、結果的に、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスが存在します。
例えば、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。

 

ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。

ですから、速度制限は無いものの、WiMAXで言えば、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。
WiMAXサービスに申し込んだ事により、私の生活は変わりました。一番大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。そう言う流れで、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせずPCのように観れるようになりました。
月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。

 

ただし、auスマートバリューmineには非対応ですから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。また、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。
ですから、auと連動したサービスがいくつかあります。

そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。
WiMAX通信機の大きさは、スマートフォンよりも小型です。

と言う事で、持ち出しに便利です。

ポケットに収まるサイズですし、重量や厚みも大した事無くて、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。
ワイマックス機器は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。
なので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事もできます。UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTE通信はauの通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線なのです。

800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。

URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続する事で、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。ややこしいセットアップも不要で使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末になっています。

対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が出来ます。