カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです

with コメントはまだありません

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。

このセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。
本来は月々500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。

そんな訳で、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然違います。
具体例を出すと、3回線を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。

WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、複数ある様に感じます。(WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンならGMOがお得!より)

最初に思い付くのが、モバイルのネット通信ですから、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。次いで、無線なので、インターネットの回線工事は不必要です。

 

また、モバイル回線って事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。そして、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXの評判に繋がっています。
WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。

結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。
そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選べば良いです。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX機器です。
これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
この3波CAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。

 

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他のモバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。
問題ない事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位でしょう。
けれども、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

 

WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、無線でインターネットアクセスする事が出来ると言う部分が挙げられます。無線を介しますから、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。加えて、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運ぶ際に負担になりません。
諸々の部分を考えると、タブレットとの組み合わせが最高です。そう言う部分から、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。
Broad WiMAXとは株式会社リンクライフが管理するWiMAXサービスで、その中でも月額最安プランが特徴的です。

月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要になる点にあります。
ですが、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用は支払う必要が無くなります。

 

それに加え、いつでも他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。
WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。
プロバイダによって多少の違いはありますが、2種類の料金プランが存在します。2種類の料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。
ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。一方で、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、お好みの料金プランで契約を行いましょう。

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。
それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバック特典にあります。
しかも、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。

 

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。そんな訳で、auと連携したサービスがいくつかあります。そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスです。

 

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの料金が割引きされるサービスです。
So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスがメリットの一つと言えます。

と言うのも、So-netが提供してるインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が人気なのです。申し込み後に付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSに対応していて、最大で5台の機器までインストールする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々な危険を減らす事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えます。
WiMAXを運用しているプロバイダですが、いくつかあります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、そう言った部分で、気を付けましょう。

例を出すと、安心感とキャッシュバック額の両方を両立したいのであれば、シナジーパートナーズがお勧めの契約先と言う事になるでしょう。

こういった様に、各キャンペーンでお得感は違いますので、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。WiMAX通信専用の通信機器は、年々新製品が発売されます。それぞれによって性能が異なり、スペックも違います。そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。
そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。合わせて、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。
Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

 

加えて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんから、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。
UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の良さにビックリさせられます。

 

自分が契約後に思ったのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。
UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信を行えます。

他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率99%を超えている、とても受信しやすい通信回線なのです。
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、物質を貫通したり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が行き渡りやすいです。今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このサービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。

そう言う事で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、検討するというのも悪く無いでしょう。

 

月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。

 

二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。だけども、auスマートバリューmineには非対応ですから、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXの通信に対応している専用端末があります。WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、新技術が次々と導入されています。一例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。
その上、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが広がっています。

更に、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつの通信も可能です。
WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付与されます。
中でも嬉しいのが、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

 

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、それほど厳しいものではないです。ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。速度制限時であったとしても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。

WiMAXを購入すると、WiMAX本体しか必要ないので、室内がすっきりします。
光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月額料金に上乗せされます。
他には、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすると、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一つが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントでのキャッシュバックの方が貰える金額が少し多く、早い段階から受け取れるのに加え、貰い損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用可能ですし、Suicaポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。
そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、二倍の220Mbpsとなる訳です。加えて、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。
インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、利便性の高さと言った点では人気の秘密となっています。
とは言えどもモバイルですから、通信状況は大丈夫なのか気になって来ます。
しかしながら、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定性への不安は払拭されています。

って事ですから、決してモバイルだからと、バカには出来ません。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。うっかり見落とされがちなのが、各申し込み先のサポートセンターの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。