遅いのと通話料が気になる

最近IIJmioのSIMに乗り換えたので、全体的な通信費用は安くなりました。

どれくらいかというと、ソフトバンクの時よりも三分の一くらいにはなりましたね。

ただ、通話料がした分だけかかるので、通話する時に気を遣ってしまいます。

でも、通話を優先したい人は電話での通話に難があり、話せば話すほど費用が別払いになってしまうのが損する人もいるでしょうね。
これらの業者はSIMロック解除しなくていいスマホを使えるということもあり、現在は格安SIMフリー端末が安価なもので1万円を切り、ハイスペックでも5万円程度で購入することができるようになっています。
なんとなくドコモとかAUとかお父さん犬のAndroid端末やiPhoneを契約されている場合は、思い立ったら格安SIMを試したほうがいいと思うんですがね。
できれば通話をしたい場合は、条件付きでかけ放題のオプションも使えるMVNOもありますから、探して検討してもいいでしょう。
うわさでは、格安SIMは速度が遅いと懸念されていますが、それは時刻を考えるとよくわかるのですが、朝の通勤・通学のタイミングや夕方のスマホ利用者が帰りに利用する時間が重なった場合に回線の取り合いになるので、少し速度が鈍化することはあると思います。
だとしても料金面のメリットのほうがでかいので、1年後の総合計金額を考えると、auやドコモの時よりも4~5万円くらいは浮いちゃう計算なので、検討に入るべきでしょうね。

格安SIM比較サークル