香典のお礼

with コメントはまだありません

香典を不祝儀袋に入れるとき、お札は新札は使ってはいけない…という習慣が古くから伝わっています。
これは、新札を入れるとあらかじめ香典を用意していた…、
つまりはなくなることを待っていた…という意味合いになるからです。

ただし最近では、そのようなことにこだわらないという考え方も増えてきています。
とはいっても、年輩の方はまだまだ気にされる方が多いです。
そのため新札を使わない方が、よいでしょう。

たいてい古いお札が用意できると思いますが、
どうしても新札しかない場合には、軽く折り目をつけてから、香典袋へ入れるといいです。

ただ使ったお札がいいからとはいえ、
使い古したくしゃくしゃになってしまったお札を使用するのは、失礼になります。

香典はふくさに入れて、お通夜やお葬式へ持参します。

香典を渡すのは、受付です。
受付でふくさから香典袋を取り出し、「このたびはご愁傷様です。」、
とお悔やみの言葉を述べてから受付係に両手で渡しましょう。

家族葬を安さで選ぶならこちらが参考になります。