腐らないようにいろいろと工夫をしているんだなぁ

パラベンというのはいったい何なんでしょうか。

こないだ雑誌なんかでパラベンが危ないみたいなことを書いていたのですが、名前がちょっとかわいいので覚えていました。

そのあと、インターネットで調べてみたのですが、パラベンというのは化粧品とかに入っている防腐剤の一種で、抗菌性が高くて要は賞味期限を増やすみたいなイメージですかね。

刺激が少なめで比較的肌への負担も軽いらしく、化粧品にもよく使用されているみたいです。

といってもパラベンにもいろんな種類があるようで、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベンなどなど、覚えきれませんね。

でも成分表示にはひとくくりにパラベンと書いていることも多いようです。

敏感肌の人にとってはパラベンが肌に刺激になる場合があるそうですが、幸い私の家系は肌が強い家系らしくそんな報告はありません。

ということで、パラベンフリーという言葉があるように結構ちまたでは気にしている人が多いみたいなんですが、パラベンフリーということは腐りやすいということも言えるのですが、違うのかな?

30代の基礎化粧品の話