ダイムラーベンツを退社後

ポルシェ博士について書いていきたいと思います。ポルシェ博士は、仕事場を次々と変えていき、

ついに1928年にダイムラーベンツを退社したポルシェ博士は、その後、シュコダ社やシュタイル社といった会社に招かれました。しかしポルシェ博士は、みずからデザイン事務所を開くことにしました。そして1930年ドイツのシュツットガルトにオフィスを設けました。当時のメンバーにはどういう人がいたのでしょうか。チーフデザイナーにオーストロ・ダイムラー社時代の片腕だったカール・rーベ、空冷エンジンの オーソリティ、ヨーゼフ・カレス、ボディ・デザイナーのエルヴィン・コメンダといった人達がいました。またポルシェ博士の長男フェリーも加わっていました。これに開発されたポルシェ社は、次々と車の設計に携わって行きました。ポルシェ博士が作りたいと思っていた車を次々と作るということができたのでポルシェ博士にとっては非常に満足のゆく仕事であったに違いありません。車買取 金沢