にきび痕を残さないためのスキンケア方法

自宅でお肌のケアを続けることで、にきび痕が目立たないようにすることが可能です。白や黒のにきびは、毛穴にたまった皮脂がそこにあるだけで、まだ肌の炎症が発生していない段階の、軽い状態のにきびです。にきびが悪化すると、毛穴の周囲が炎症を起こし、赤いにきびになってしまいます。黄色にきびは炎症部分から膿が分泌されているために、その色になっています。炎症を起こしている赤いにきびや黄色いにきびは放置していると、肌に痕が残ってしまう可能性があります。皮膚の炎症が原因でメラニン色素が生成されて色素が沈着してしまったり、傷んだ皮膚の回復ができずにクレーターができたりします。にきびの痕跡をつくらないために大事なことは、日々のスキンケアや洗顔ケアで、肌の環境を清潔に保つということです。皮膚のバリア機能が失われ、肌が乾燥しがちになると、大人になってからもにきびが多くなりすぎますので、洗顔のしすぎは控えましょう。洗顔が終わったら保湿効果のあるスキンケアを施すことも、にきび予防になります。にきびがある状態で皮膚科を受診すれば、にきび痕を残さない治療をしてもらえることもあります。皮膚科では、その人にきびの状態にあった適切な方法で処置をしてくれます。にきび痕ができてしまうと家庭でのケアでは解消が困難になりますので、医療機関でアドバイスを受けるのもいいやり方といえます。ニキビ跡 化粧水