下火のニードル脱毛

with コメントはまだありません

今は永久脱毛というと、医療レーザー脱毛のことになりますが、
昔であれば、永久脱毛というとニードル脱毛のことでした。
二-ドル脱毛とも呼ばず、絶縁針脱毛と呼んでいました。

ニードル脱毛は、細ーい針を毛穴にさします。
そして針を通して弱い電流を流します。
その電流によって毛穴の組織を破壊し、焼き尽くしてしまい、
ムダ毛が生えてこないようにするのです。

ニードル脱毛は1960年くらいからスタートしています。
そのためニードル脱毛の歴史は古く、およそ50年以上にもなります。

今やフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛というのは、当たり前のように施術されていますが、
フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の歴史はまだまだ浅いです。

長い間、脱毛方法というと、ニードル脱毛だけでした。

しかし最近は、ニードル脱毛も下火となってきています。
ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を刺していきます。
そのため大変な痛みを伴います。
それが原因ではないか…とも言われています。

ケノン 楽天